農地の売買価格相場ってどのくらい?全国平均と都道府県別

土地の価格はバブル期以降下がり続け、近年は横ばいから僅かに上昇傾向の地域も見られるところ、農地の売買価格は下がり続けています。

その主な理由は、農地の買い手が少ないことや担い手不足、米を始めとする農産物の価格が下がっていることに起因しますが、買うよりも借りたほうがコスト的には安いことも、売買の需要が増えない原因だと思われます。

この記事では、農地の売買価格相場を全国平均と都道府県別に分けて紹介しており、全国平均の対象は、純農業地域と都市的農業地域にある農用地区域内の農地です。

都道府県別ではもう少し詳細に、区域ごとの売買価格相場を掲載しています。

純農業地域とは
都市計画法による線引きがされていない市町村の中で、農用地区域内の農地です。都市から離れた農村部をイメージしましょう。

都市的農業地域とは
市街化調整区域に指定された区域の中で、農用地区域内の農地です。都市周辺から農村部までの間をイメージすると良いでしょう。

農用地区域とは
農業で使われることを前提に指定された区域で、優良な農地であるため農業目的以外の用途で使用することはほとんど認められません。

なお、価格は耕作目的の推定売買価格で、都道府県内の平均を表示していますので、同一都道府県内でも地区によって数倍~数十倍の差があると考えられます。

また、農地の売買価格は、それぞれの農地における固有環境(面積・接道・用排水路・収量など)によって大きく変わりますから、実際の売買価格が平均(相場)とかけ離れていても、何ら不思議ではないことに注意してください。

ここで紹介しているのは、あくまでも標準的な農地での平均です。

全国平均の農地価格相場

令和3年における全国平均農地価格は、純農業地域の田が111万2千円/10アール、畑が82万5千円/10アールで27年連続の下落、都市的農業地域の田が295万7千円/10アール、畑が284万6千円/10アールで29年連続の下落でした。

ただし、地域別の価格差は大きく、田と畑の価格が逆転して畑のほうが高い地域もあるので、単純に全国平均だけを取り上げたところで、現実の売買価格として何の参考にもならないことが良くわかります。

 純農業地域都市的農業地域
全国平均1,1128252,9572,846
北海道243115435472
東北5193091,3451,167
関東1,3901,5291,4911,941
東海2,2092,0106,5656,417
北信1,3108992,2081,952
近畿1,8861,3513,2033,027
中国6784054,0122,727
四国1,6809334,1423,417
九州8015571,6961,514
沖縄8681,2555,410
※単位:千円/10アール
※データ:全国農業会議所「田畑売買価格等に関する調査結果」

また、直近10年間のグラフを見てもわかるとおり、近年の農地価格は下がる一方です。


※データ:全国農業会議所「田畑売買価格等に関する調査結果」

都道府県別の農地価格相場

各都道府県の農業会議でデータを拾っていますが、ほとんどの農業会議で提供自体がなかったり、最新のデータが提供されていなかったりと不明が多いです。きちんと仕事して欲しいですね。

それでも、この記事を公開した当初(2016年)に比べると、ものすごく遅いペースですが提供している都道府県は増えています(苦笑)。

わかりしだい更新しますので、空欄の地域はご容赦ください。空欄の地域についてどうしても知りたければ農業会議へお問い合わせを。

線引きがされていない市町村

都道府県 (年)農用地区域内農用地区域外
北海道 (R3)243118201104
青森 (R3)360235338240
岩手 (R2)608435690525
宮城 (R2)464271521344
秋田 (R2)418179405210
山形 (R2)558295735500
福島 (R3)663386
茨城 (R3)555509
栃木 (R3)663477
群馬 (R3)1,6421,545
埼玉 (R3)2,7123,090
千葉 (R3)863921871898
東京 (R3)2,329
神奈川 (R3)68210,876
山梨 (R3)2,3762,499
岐阜 (R3)2,6412,483
静岡 (R2)2,4861,9073,3382,803
愛知 (R3)655453
三重 (R3)1,1911,089
新潟 (R3)638375
富山 (R3)1,313561
石川 (R3)1,248746
福井 (R3)1,9941,313
長野 (R3)1,5731,306
滋賀 (R3)368397
京都 (R3)1,227872
大阪 (R3)
兵庫 (R3)1,381947
奈良 (R3)481357
和歌山 (R3)3,1262,131
鳥取 (R3)542342
島根 (H28)584399505360
岡山 (R3)1,099630
広島 (R3)496269
山口 (R1)534301558361
徳島 (R3)1,8831,441
香川 (R3)2,0551,021
愛媛 (R3)1,428690
高知 (R3)1,407782
福岡 (R3)1,124922
佐賀 (R3)923526861531
長崎 (R3)908656
熊本 (R1)919590805581
大分 (R3)625394
宮崎 (R3)447357
鹿児島 (R3)594494
沖縄 (R3)8681,255
※単位:千円/10アール
※データ:各都道府県農業会議
※農用地区域外が空欄の都道府県は農用地区域内に全国農業会議所の集計値を採用しています
※全国農業会議所の集計値と一致しない場合があります
※神奈川県の農業地区域内の畑が異常に高い集計値となっている理由は不明です

市街化調整区域

都道府県 (年)農用地区域内農用地区域外
北海道 (R3)435472771797
青森 (R3)8807861,000899
岩手 (R2)948736926714
宮城 (R2)1,4381,3541,5391,179
秋田 (R2)428339814716
山形 (R2)1,7421,5782,4501,979
福島 (R3)1,5601,289
茨城 (R3)773773
栃木 (R3)634511
群馬 (R3)3,1733,248
埼玉 (R3)1,6762,891
千葉 (R3)1,3012,4201,5082,466
東京 (R3)
神奈川 (R2)2,5484,5882,6567,382
山梨 (R3)4,8854,935
岐阜 (R3)4,2944,509
静岡 (R2)6,2256,7787,3897,624
愛知 (R3)9,0669,006
三重 (R3)2,8402,901
新潟 (R3)1,001791
富山 (R3)888881
石川 (R3)3,2532,526
福井 (R3)3,5273,132
長野 (R3)4,4574,259
滋賀 (R3)1,060694
京都 (R3)3,7653,451
大阪 (R3)4,9234,339
兵庫 (R3)1,7031,458
奈良 (R3)4,5204,102
和歌山 (R3)5,7927,600
鳥取 (R3)2,2151,719
島根 (H28)809609803680
岡山 (R3)3,3012,650
広島 (R3)9,1355,010
山口 (R1)1,3501,1971,7591,686
徳島 (R3)5,7805,701
香川 (R3)
愛媛 (R3)4,6232,451
高知 (R3)2,4571,822
福岡 (R3)2,2742,298
佐賀 (R3)876643877635
長崎 (R3)1,6691,129
熊本 (R1)1,8081,8712,7212,804
大分 (R3)1,9191,520
宮崎 (R3)935861
鹿児島 (R3)2,7181,793
沖縄 (R3)5,410
※単位:千円/10アール
※データ:各都道府県農業会議
※農用地区域外が空欄の都道府県は農用地区域内に全国農業会議所の集計値を採用しています
※全国農業会議所の集計値と一致しない場合があります

市街化区域

都道府県 (年)
北海道 (R3)5,5005,372
青森 (R3)7,6097,880
岩手 (R2)7,9658,687
宮城 (R2)48,17149,635
秋田 (R2)2,8352,116
山形 (R2)22,74321,780
福島
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉 (R3)62,78974,455
東京
神奈川 (R2)93,60194,061
山梨
岐阜
静岡 (R2)38,93545,954
愛知
三重
新潟
富山
石川
福井
長野
滋賀
京都
大阪
兵庫
奈良
和歌山
鳥取
島根 (H28)8,3137,563
岡山
広島
山口 (R1)10,59111,017
徳島
香川
愛媛
高知
福岡
佐賀 (R3)4,5969,512
長崎
熊本 (R1)11,1499,690
大分
宮崎
鹿児島
沖縄
※単位:千円/10アール
※データ:各都道府県農業会議
  • 0
  • 0
  • 0
  • 1

カテゴリー内の他の記事

路線価とは?宅地の価格は路線価と時点修正率で調べてみよう

土地の価格はバブル期以降下がり続け、近年は横ばいから僅かに上昇傾向の地域も見られるところ、農地の売買価格は下がり続けています。 その主な理由は、農地の買い手が少ないことや担い手不足、米を始めとする農産...

土地価格の種類~知っておきたい一物四価の違いと時価

土地の価格はバブル期以降下がり続け、近年は横ばいから僅かに上昇傾向の地域も見られるところ、農地の売買価格は下がり続けています。 その主な理由は、農地の買い手が少ないことや担い手不足、米を始めとする農産...